バイアグラの有効性

まぎれもなくバイアグラはED治療薬業界でナンバー・ワンである。
もともとはアメリカのファイザー製薬会社が生産していた狭心症を治療しする薬である。
臨床研究にて狭心症への治療効果が予想より低いですが、インポテンツを治療することに特別な効果があります。それから、専門家が4000例の各種類のインポテンツ患者を研究してみました。
思わずに結構効果が出てきました。この発見によって、メーカーが勃起不全薬として薬物の申請活動を促していました。そのために、アメリカ食品医薬品局(FDA)は1997年3月27日に正式にED治療薬業界でこの薬がインポテンツを治療する専用薬物として批准しました。
そして、医師の指導に従った上で治療します。
バイアグラの薬理作用が主に2点ほどがあります。一つは陰茎の海綿体を拡張や充血などをさせます。もう一つはGMPを分解することを通して、ホスホジエステラーゼの釈放を抑制します。
ですから、効果の成功率は60%~80%ぐらいです。抗うつ剤、抗精神薬、抗高血圧薬を使ってから起きていた勃起不全に対して著しい効果があります。そして、手術あるいは傷つきによって引き出していたインポテンツにも効果があります。この薬は非常に普通な勃起不全を治す薬になります。
内服して30分後に瞬間に勃起して、金玉が充実して、勃起力を引き上げて、快感を増加して、セックス時間を延長します。
20日あるいは30日の後に、性欲が明らかに強くなって、射精の快感を強化して、毎週のセックス回数が5回以上にしても大丈夫になります。そして、勃起時の硬さも高まって、全身の無力、疲れさ、不眠症などの状況も改善することもできます。
普通の人間に対して副作用が少ないと思います。しかし、心臓病気や血圧病気を持ってる人が飲まない方がいいです。しかも、長い間の使いによって、薬物に依頼性が日々に高まる可能性があります。
どんな薬にも毒も付いています。それで、ED治療薬としてバイアグラがいいか悪いかは長時間の研究と多くの臨床試験が必要です。短時間内で十分頼もしい結論を得るのは難しいと思います。自分自身が経験してから、論じた方がいいです。
現在では病院での処方だけでなくインターネットの通販で個人輸入として取り寄せることもできます。
実際にネットでバイアグラと検索してみると多くの個人輸入の代行サイトがヒットします。中には正式な名称のバイアグラの読み方を間違えてバイアクラやバイヤグラと検索する方もいらっしゃいますが、それでも問題無く検索できますのでご安心ください。

バイヤグラではなくバイアグラが正しい名称です!